| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

 

A Declaration of the Independence of Cyberspace

Cat: ICT
Pub: 1996
#: 0206b

John Perry Barlow (Translated by Shumpei Kumon)


Title

A Declaration of the Independence of Cyberspace

サイバースペース独立宣言

Author
John Perry Barlow

ジョン・P・バーロー

Index
Why?
  • John Perry Barlow is one of the founders of FFF (Electronic Frontier Foundation), and a member of council of The Well, also known as a lyricist.
  • J. Barlow wrote in his HP when President Clinton signed the law of Communicaiton Decency Act as follows, proclaiming "The chicken-heart in the White House sigened yesterday an Act of Telecom Reform and made it as an law.", and published A Declaration of the Independece of Cyberspace, which includes drastic expressions.
  • John Perry Barlow。EFF(Electronic Frontier Foundation)の創立者の一人で、The Wellの理事会メンバーでもある。また作詞家としても知られている。
  • バーローは通信品位法にクリントン大統領が署名した翌日、自分のHPで次のように述べた。「昨日、ホワイトハウスにいる大いなるいくじなしが、1996年テレコム“改革”法に署名して、それを法律にした。」その上で彼は、「サイバースペース独立宣言」を発表した。それは次のような文言で始まる激烈なものであった。
  • 訳:公文俊平 出所:「ネティズンの時代」公文俊平著 巻末資料)
PURCHASE ORDER
Remarks
>Top

A Declaration of the Independence of Cyberspace:

by John Perry Barlow <barlow@eff.org>:


  • Governments of the Industrial World, you weary giants of flesh and steel, I come from Cyberspace, the new home of Mind. On behalf of the future, I ask you of the past to leave us alone. You are not welcome among us. You have no sovereignty where we gather.
    We have no elected government, nor are we likely to have one, so I address you with no greater authority than that with which liberty itself always speaks. I declare the global social space we are building to be naturally independent of the tyrannies you seek to impose on us. You have no moral right to rule us nor do you possess any methods of enforcement we have true reason to fear.
  • Governments derive their just powers from the consent of the governed. You have neither solicited nor received ours. We did not invite you. You do not know us, nor do you know our world. Cyberspace does not lie within your borders. Do not think that you can build it, as though it were a public construction project. You cannot. It is an act of nature and it grows itself through our collective actions.
    You have not engaged in our great and gathering conversation, nor did you create the wealth of our marketplaces. You do not know our culture, our ethics, or the unwritten codes that already provide our society more order than could be obtained by any of your impositions.
  • You claim there are problems among us that you need to solve. You use this claim as an excuse to invade our precincts. Many of these problems don't exist. Where there are real conflicts, where there are wrongs, we will identify them and address them by our means. We are forming our own Social Contract . This governance will arise according to the conditions of our world, not yours. Our world is different.
  • Cyberspace consists of transactions, relationships, and thought itself, arrayed like a standing wave in the web of our communications. Ours is a world that is both everywhere and nowhere, but it is not where bodies live.
  • We are creating a world that all may enter without privilege or prejudice accorded by race, economic power, military force, or station of birth.
    We are creating a world where anyone, anywhere may express his or her beliefs, no matter how singular, without fear of being coerced into silence or conformity.
    Your legal concepts of property, expression, identity, movement, and context do not apply to us. They are all based on matter, and there is no matter here.
  • Our identities have no bodies, so, unlike you, we cannot obtain order by physical coercion. We believe that from ethics, enlightened self-interest, and the commonweal, our governance will emerge . Our identities may be distributed across many of your jurisdictions. The only law that all our constituent cultures would generally recognize is the Golden Rule. We hope we will be able to build our particular solutions on that basis. But we cannot accept the solutions you are attempting to impose.
  • In the United States, you have today created a law, the Telecommunications Reform Act, which repudiates your own Constitution and insults the dreams of Jefferson, Washington, Mill, Madison, DeToqueville, and Brandeis. These dreams must now be born anew in us.
    You are terrified of your own children, since they are natives in a world where you will always be immigrants. Because you fear them, you entrust your bureaucracies with the parental responsibilities you are too cowardly to confront yourselves. In our world, all the sentiments and expressions of humanity, from the debasing to the angelic, are parts of a seamless whole, the global conversation of bits. We cannot separate the air that chokes from the air upon which wings beat.
  • In China, Germany, France, Russia, Singapore, Italy and the United States, you are trying to ward off the virus of liberty by erecting guard posts at the frontiers of Cyberspace. These may keep out the contagion for a small time, but they will not work in a world that will soon be blanketed in bit-bearing media.
  • Your increasingly obsolete information industries would perpetuate themselves by proposing laws, in America and elsewhere, that claim to own speech itself throughout the world. These laws would declare ideas to be another industrial product, no more noble than pig iron. In our world, whatever the human mind may create can be reproduced and distributed infinitely at no cost. The global conveyance of thought no longer requires your factories to accomplish.
  • These increasingly hostile and colonial measures place us in the same position as those previous lovers of freedom and self-determination who had to reject the authorities of distant, uninformed powers. We must declare our virtual selves immune to your sovereignty, even as we continue to consent to your rule over our bodies. We will spread ourselves across the Planet so that no one can arrest our thoughts.
  • We will create a civilization of the Mind in Cyberspace. May it be more humane and fair than the world your governments have made before.

    Davos, Switzerland
    February 8, 1996

サイバースペース独立宣言:

誤謬のみが政府の支持を要する。真理は自立しうる。
トマス・ジェファースン、バージニア・メモ


  • 産業社会の諸政府よ、肉体と鋼鉄の疲れたる巨人たちよ、わたしは精神の新たな住処、サイバースペースから来た。未来のために、過去を担うあなた方にいう。われわれをほっておけ。あなた方は歓迎されざる者だ。われわれが集うところには、あなた方の主権はない。われわれは選挙された政府を持たぬ。今後ももちそうにない。よってわたしは、自由それ自身が語るときに常にもつ権威と同じ権威のみをもって、あなた方に語りかけ、そして宣言する。われわれが建設しつつあるグローバルな社会空間は、あなた方がわれわれに課そうとしている圧政からは、当然に自由だ。あなた方には、われわれを支配する何の道義的な権利もなければ、われわれが真に恐れねばならぬほどのいかなる強制力もない。
  • 政府のもつ公正な権力は、被治者の同意に由来する。あなた方は、われわれに権力の委任を求めたこともなければ、受けたこともない。われわれは、あなた方を招いたことはない。あなた方は、われわれのことも、われわれの世界のことも知らぬ。サイバースペースは、あなた方の国境の中には存在しないのだ。あなた方は、サイバースペースを何か公共事業のように建設できると考えてはならぬ。そんなことはできないのだ。それは自然の働きの産物であって、われわれの集合的な行為を通じて自ずと成長するものなのだ。
    あなた方は、われわれの大いなる話し合いに加わったことはない。われわれの市場の富を創り出したこともない。あなた方のとるいかなる措置が生み出しうるよりも多くの秩序をわれわれの社会にすでにもたらしている、われわれの文化、倫理、不文律も知らない。
  • あなた方は主張する。われわれの間には、あなた方が解決すべき問題があると。そして、その主張を口実にして、われわれの境界に侵入してくる。だが、そのような問題の多くは、ありもしないものだ。真の対立がある時、不正がある時、われわれはそれを自分で見つけ出し、われわれ自身の手段によってそれに対処する。われわれは、自分自身の社会契約を作りつつある。この契約による統治は、あなた方の世界ではなく、われわれの世界の事情に則って行われる。われわれの世界は、別の世界なのだ。
  • サイバースペースは、取引や関係や思想それ自体から成る。それらは、われわれのコミュニケーションの網の中に、動かぬ波のようにならんでいる。われわれの世界は、どこにでもあると同時にどこにもない世界であって、肉体の住む場所にはないのだ。
  • われわれが創りつつある世界は、だれでもが、人種や経済力や軍事力あるいは生まれによる特権や偏見なしに、入ってこられる世界だ。われわれが創りつつある世界は、だれでもが、どんなに変わったものであれ、自分の信念をどこででも、沈黙させられたり別の見解に従わせられたりする恐れなしに、表明できる世界だ。財産や表現、本質や運動、および文脈などに関するあなた方の法概念は、われわれには妥当しない。あなた方の概念は物質に基づいているが、われわれの世界には物質はないのだ。
  • われわれの本質には、身体は含まれない。それゆえ、あなた方とは違って、われわれは物理的な強制によっては秩序を獲得できない。われわれの信念によれば、この世界での統治は、倫理と見識ある利己心と、公共の福利の理念から生まれるのだ。われわれの本質は、あなた方の世界の多くの  管轄分野に分散している。われわれの世界を構成する諸文化のすべてが遍く承認する唯一の法は、黄金律(*) だ。それを基にして、さまざまな特殊ケースについての解決策が作りだせるとわれわれは期待している。他方、あなた方がわれわれに課そうとしている解決策は、受け入れられない。
  • アメリカ合衆国政府よ。あなたは、今日、一つの法律、電気通信改革法、を制定した。この法律は、あなた自身の憲法を否定するものであるばかりか、ジェフアースン、ワシントン、ミル、マディスン、トックビル、ブランダイスらの夢に無礼を働くものでもある。彼らの夢は、今やわれわれの間で新たに生みだされなくてはならぬ。あなたは、あなた自身の子供たちを怯えさせた。なぜなら彼らは、あなたが未来永劫移民にとどまるはずの国の、土着の民であるからだ。あなたは彼らを恐れているので、あなた自身がそれに取り組む勇気をもてないような親としての責任を、あなたの官僚たちに委ねた。われわれの世界では、人間のあらゆる感情と表現は、卑しいものから高貴なものまで、継ぎ目のない全体としてあるビットによるグローバルなコミュニケーションの中に、含まれている。人を窒息させる空気と翼を羽ばたかせる空気とを分けることは、われわれにはできないのだ。
  • 中国、ドイツ、フランス、ロシヤ、シンガポール、イタリー、そしてアメリカ合衆国において、あなた方は、サイバースペースのフロンティアーに監視哨を建てることで、自由というウィルスを防ごうと試みている。それによって、一時は蔓延を防げるかもしれない。しかし、ビットを運ぶメディアによってまもなく覆われるはずの世界では、結局うまくいかないだろう。
  • ますます陳腐化するあなた方の情報産業は、アメリカやその他の場所で法律を制定して、世界中の言論を所有すると宣言させることで、自らの永続化に努めている。これらの法律は、アイデアなるものは、高貴さにおいて銑鉄とえらぶところのない、もう一つの産業製品だと述べる。だがわれわれの世界では、人間精神の創り出すものはなんであれ、無償で、無限に複製し配付できる。思想のグローバルな伝達の達成には、もはやあなた方の工場は不必要なのだ。
  • われわれをますます敵視し植民地化するこれらの措置は、遠隔の地にあって情報をもたなかった権力を拒否しなければならなくなった、自由と自決を愛した先人たちと同じ立場に、われわれを置いた。われわれは今、よしんばわれわれの肉体におよぼすあなた方の統治には従い続けるにせよ、われわれのバーチャルな自己に対してはあなた方の主権は及ばぬ、と宣言せざるをえないのだ。われわれは、この地球上のいたるところに自分自身を押し広げ、何人といえどもわれわれの思想を捕らえられぬようにするだろう。
  • われわれはサイバースペースの中に精神の文明を創り出すだろう。この文明が、あなた方政府がかつて作り上げた世界よりも、より人間的でより公正なものとなることを願う。

    ダボス、スイスにて
    1996年2月8日
    ジョン・ペリー・バーロー
    http://www.glocom.ac.jp/proj/kumon/paper/
    1996/96_04_00d.html 参照)
Ref.

>Top

The Declaration of Independence: A Transcription
---------------------------------------------------
IN CONGRESS, July 4, 1776.
The unanimous Declaration of the thirteen united States of America,
----------------------------------------------

  • When in the Course of human events, it becomes necessary for one people to dissolve the political bands which have connected them with another, and to assume among the powers of the earth, the separate and equal station to which the Laws of Nature and of Nature's God entitle them, a decent respect to the opinions of mankind requires that they should declare the causes which impel them to the separation.
  • We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights, that among these are Life, Liberty and the pursuit of Happiness.
    --That to secure these rights, Governments are instituted among Men, deriving their just powers from the consent of the governed,
    --That whenever any Form of Government becomes destructive of these ends, it is the Right of the People to alter or to abolish it, and to institute new Government, laying its foundation on such principles and organizing its powers in such form, as to them shall seem most likely to effect their
  • Safety and Happiness. Prudence, indeed, will dictate that Governments long established should not be changed for light and transient causes; and accordingly all experience hath shewn, that mankind are more disposed to suffer, while evils are sufferable, than to right themselves by abolishing the forms to which they are accustomed.
  • But when a long train of abuses and usurpations, pursuing invariably the same Object evinces a design to reduce them under absolute Despotism, it is their right, it is their duty, to throw off such Government, and to provide new Guards for their future security.
  • --Such has been the patient sufferance of these Colonies; and such is now the necessity which constrains them to alter their former Systems of Government.
  • The history of the present King of Great Britain is a history of repeated injuries and usurpations, all having in direct object the establishment of an absolute Tyranny over these States. To prove this, let Facts be submitted to a candid world.

<参考> 米国独立宣言:
-------------------------------------
Thomas Jefferson起草 (1997.7.4)
-------------------------------------

  • 人類の歴史のなかで、ある国民と他の国民を結びつけてきた政治的なつながりを解消し、世界の国々のなかで自然の法則と神の法則が与えてくれる、独立した対等な立場をとることが必要になる場合がある。その際に人類のいろいろな意見にきちんとした敬意をはらうには、分離へと駆りたてられる原因を述べなければならないだろう。
  • われわれは、以下の事実を自明のことと考えている。つまりすべての人は生まれながらにして平等であり、すべての人は神より侵されざるべき権利を与えられている、その権利には、生命、自由、そして幸福の追求が含まれている。その権利を保障するものとして、政府が国民のあいだに打ち立てられ、統治されるものの同意がその正当な力の根源となる。
  • そしていかなる政府といえどもその目的に反するときには、その政府を変更したり、廃したりして、新しい政府を打ちたてる国民としての権利をもつ。新しい政府は、国民の安全と幸福が最大となるような原則の基盤の上に打ちたてられ、また国民の安全と幸福が最大となるような形の権力の組織化を図らなければならない。実際には分別を働かせれば、長いあいだ確立されてきた政府は、軽々しい一時的な理由で取って代わられるべきではないということはわかるだろう。
  • 従って今までの経験では、人類は不満がある政府を廃止して誤りを正すよりは、その弊害が耐えられる限りは耐える傾向にあるのだ。しかし権力の乱用や強奪が長くつづき、絶対専制支配の下に置こうとする意図が明らかで、その同じ目的をずっと追求しようとしているときには、そんな政府をなげすて、自分たちの将来の安全を新たに防護してくれる政府を求めるのが義務である。
  • これこそが、この植民地が耐えしのんできたことである。そしてこのような必要性に迫られて、現在の政府を変えなければならなくなったのだ。
  • 現在の英国国王による歴史は、傷つけ、奪ってきたことの繰り返しであり、その直接の目的は、これらの州への絶対専制を打ちたてることである。これを証明するために、偏見のない世界へ事実を知らせたい。

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |