STOPエラー一覧

 この記事は無断転載です。不都合があれば削除します。

 この記事は消失した「http://www13.ocn.ne.jp/~backboot/mcp/syougai_taiou2_stopcode.html」の内容を流用したものです。

 時間があれば、少しずつ手を入れていきたいと考えています。

 STOPエラーについて記述している他のサイトについても以下に紹介します。


更新履歴

2005年4月20日 無断流用して公開


STOP: 0x00000001 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
APC_INDEX_MISMATCH

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。スレッドと APC インデックスの不一致を示しています。このメッセージが表示される最も一般的な理由は、ファイル システムで KeEnterCriticalRegion を KeLeaveCriticalRegion と比較した際に一致しない番号

これは Windows 2000 Executive のキャラクタモードの STOP メッセージです。スレッドと APC (asynchronous procedure call) のインデックスの不一致を示します。このメッセージが表示される最も一般的な理由は、ファイル システムで KeEnterCriticalRegion と KeLeaveCriticalRegion の番号の不一致です。

STOP: 0x00000002 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
DEVICE_QUEUE_NOT_BUSY

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。デバイスの待ち行列がビジーであると予想されていたのにそうではなかったことを示しています


STOP: 0x00000003 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INVALID_AFFINITY_SET

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。不適切なサブセット アフィニティの NULL を示しています。


STOP: 0x00000004 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INVALID_DATA_ACCESS_TRAP

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。データ アクセス トラップが無効であることを示しています。


STOP: 0x00000006 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INVALID_PROCESS_DETACH_ATTEMPT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。所有しているミューテックスに問題があるか、APC 状態がクリーンではないことを示しています。


STOP: 0x00000007 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INVALID_SOFTWARE_INTERRUPT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。レベルがソフトウェアの範囲内にないことを示しています。


STOP: 0x00000008 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
IRQL_NOT_DISPATCH_LEVEL

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。デバイスの除去は、ディスパッチ レベルで実行できないことを示しています。


STOP: 0x00000009 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
IRQL_NOT_GREATER_OR_EQUAL

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。同等またはそれ以上と予想していた IRQL がそうではなかったことを示しています。


STOP: 0x0000000A (parameter,parameter,parameter,parameter)
IRQL NOT LESS OR EQUAL

ページ可能なメモリへのタッチ試行したプロセス割り込み要求レベル(IRQL)が高すぎることを示しています。通常、このエラーは不当なアドレスを使っているドライバによって引き起こされます。

STOP: 0x0000000B (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NO_EXCEPTION_HANDLING_SUPPORT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。例外処理がサポートされていなかったことを示しています。


STOP: 0x0000000C (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
MAXIMUM_WAIT_OBJECTS_EXCEEDED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。待機多重構造内の待機オブジェクトが多すぎることを示しています。


STOP: 0x0000000D (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
MUTEX_LEVEL_NUMBER_VIOLATION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。より低いレベルのミューテックスを取得しようとしたことを示しています。


STOP: 0x0000000E (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NO_USER_MODE_CONTEXT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。中身のないユーザー モードを入力しようとしたことを示しています。


STOP: 0x0000000F (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SPIN_LOCK_ALREADY_OWNED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。所有済みのスピン ロックを取得しようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000010 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SPIN_LOCK_NOT_OWNED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。所有されていないスピン ロックをリリースしようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000011 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
THREAD_NOT_MUTEX_OWNER

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ミューテックスの非所有者がスレッドをリリースしようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000012 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
TRAP_CAUSE_UNKNOWN

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。トラップの原因が不明であることを示しています。


STOP: 0x00000013 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
EMPTY_THREAD_REAPER_LIST

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。スレッド リーパー一覧が破損していることを示しています (リーパー一覧は信号化しますが、一覧上にスレッドは存在していません)。


STOP: 0x00000014 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CREATE_DELETE_LOCK_NOT_LOCKED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。スレッド リーパーにスレッドが渡されましたが、プロセスの CreateDeleteLock がロックされていません。


STOP: 0x00000015 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
LAST_CHANCE_CALLED_FROM_KMODE

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。最終通知例外サービスがカーネル モードから呼び出されたことを示しています。


STOP: 0x00000016 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CID_HANDLE_CREATION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。クライアント ID を示すハンドルの作成時に障害が発生したことを示しています。


STOP: 0x00000017 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CID_HANDLE_DELETION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。クライアント ID を示すハンドルの削除時に障害が発生したことを示しています。


STOP: 0x00000018 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
REFERENCE_BY_POINTER

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。参照ポインタごとのオブジェクトの参照時に障害が発生したことを示しています。


STOP: 0x00000019 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
BAD_POOL_HEADER

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。不良ヘッダーのあるプール ブロックがプールに返されたことを示しています。


STOP: 0x0000001A (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
MEMORY_MANAGEMENT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。一般的なメモリ管理問題を示しています。


STOP: 0x0000001B (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PFN_SHARE_COUNT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。メモリ管理ページ フレーム番号 (PFN) データベース要素に破損した共有カウントがあることを示しています。


STOP: 0x0000001C (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PFN_REFERENCE_COUNT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。メモリ管理ページ フレーム番号 (PFN) データベース要素に破損した参照カウントがあることを示しています。


STOP: 0x0000001D (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NO_SPIN_LOCK_AVAILABLE

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。スピン ロックを割り当てることができないことを示しています。


STOP: 0x0000001E (parameter,parameter,parameter,parameter)
KMODE EXCEPTION NOT HANDLED

エラー メッセージ "STOP 0x0000001E KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED" は、Windows NT ベースのコンピュータで表示される一般的な STOP エラー メッセージです。
エラー メッセージ "STOP 0x0000001E KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED" は、カーネルによってエラー状態が検出され、そのエラー状態のために Windows NT で実行を継続できないことを示します。


STOP: 0x0000001F (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SHARED_RESOURCE_CONV_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。共有リソースの変換問題を示しています。


STOP: 0x00000020 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
KERNEL_APC_PENDING_DURING_EXIT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。カーネル モードの非同期プロシージャ コール (APC) が、スレッド終了時に未処理を見つけたことを示しています。第 1 パラメータは、終了時に APC が見つけた未処理のアドレスです。


STOP: 0x00000021 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
QUOTA_UNDERFLOW

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。クォータがプロセスに返されましたが、そのプロセスは返されたクォータの合計を使っていなかったことを示しています。


STOP: 0x00000022 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
FILE_SYSTEM

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。一般的なファイル システム問題を示しています。


STOP:0x00000023 (parameter,parameter,parameter,parameter)
FAT FILE SYSTEM

FATファイルシステムの問題を示しています。


STOP:0x00000024 (parameter,parameter,parameter,parameter)
NTFS FILE SYSTEM

NTFSファイルシステムの問題を示しています。


STOP: 0x00000025 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NPFS_FILE_SYSTEM

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。指定のパイプ ファイル システムの問題を示しています。


STOP: 0x00000026 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CDFS_FILE_SYSTEM

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。CD-ROM ファイル システム問題を示しています。


STOP: 0x00000027 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
RDR_FILE_SYSTEM

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。リダイレクタ ファイル システム問題を示しています。


STOP: 0x00000028 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CORRUPT_ACCESS_TOKEN

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。セキュリティ システムが無効なアクセス トークンにぶつかったことを示しています。


STOP: 0x0000002A (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INCONSISTENT_IRP

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。IRP (I/O 要求パケット) が矛盾にぶつかったことを示しています。たとえば、IRP の何らかのフィールドが、IRP の残留状態と矛盾していました。


STOP: 0x0000002C (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PORT_DRIVER_INTERNAL

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ポート ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x0000002D (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SCSI_DISK_DRIVER_INTERNAL

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。SCSI ハード ディスク ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x0000002E (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
DATA_BUS_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。システム メモリ内のパリティ エラーによって引き起こされるデータ バス エラーを示しています。このエラーは、存在しないアドレスにドライバがアクセスした場合にも発生します。


STOP: 0x00000030 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SET_OF_INVALID_CONTEXT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。カーネル モード コードに戻る時に SS または ESP の値を編集しようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000031 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PHASE0_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。第 0 段階 (システム スタートアップの第 4 段階) の間、Windows NT Executive の初期化に失敗しました。このエラーは、比較的短い期間で Windows NT Executive を初期化する場合に発生します。
システムコンポーネント初期化中の障害。


STOP: 0x00000032 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PHASE1_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。第 1 段階 (システム スタートアップの第 4 段階) の間、Windows NT Executive の初期化に失敗しました。このエラーは、比較的短い期間で Windows NT Executive を初期化する場合に発生します。
システムコンポーネント初期化中の障害。


STOP: 0x00000033 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
UNEXPECTED_INITIALIZATION_CALL

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。第 1 段階 (システム スタートアップの第 4 段階) の間、Windows NT Executive の初期化に失敗しました。このエラーは、比較的短い期間で Windows NT Executive を初期化する場合に発生します。


STOP: 0x00000034 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CACHE_MANAGER

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。第 1 段階 (システム スタートアップの第 4 段階) の間、Windows NT Executive の初期化に失敗しました。このエラーは、比較的短い期間で Windows NT Executive を初期化する場合に発生します。
MicroSoftから提供されたファイルシステムドライバの問題。


STOP: 0x00000036 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
DEVICE_REFERENCE_COUNT_NOT_ZERO

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。参照カウントが 0 であるデバイス オブジェクトを削除しようとしたことを示しています。0 以外の参照カウンタには、デバイスに対する未解決の参照が残っています。
ドライバは参照カウントがまだ0でないデバイスオブジェクトでIoDeleteDeveiceを呼び出した。


STOP: 0x00000035 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。あるドライバが別のドライバを呼び出しましたが、呼び出されたドライバのパケット内に IRP (I/O 要求パケット) のスタック場所が残っていないため、I/O システムがその呼び出しを検出したことを示しています


STOP: 0x00000037 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
FLOPPY_INTERNAL_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。フロッピー ディスク ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000038 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SERIAL_DRIVER_INTERNAL

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。シリアル デバイス ドライバの内部エラーを示しています。

STOP: 0x00000039 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SYSTEM_EXIT_OWNED_MUTEX

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。1 つまたは複数のミューテックスを所有しているにもかかわらず、システム サービスを終了しようとしたことを示しています。


STOP: 0x0000003A (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SYSTEM_UNWIND_PREVIOUS_USER

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。システム サービス ディスパッチャを介してユーザー モードへのアンワインドを試行したことを示しています。


STOP: 0x0000003B (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。システム サービス内に処理不可能な例外が発生したことを示しています。


STOP: 0x0000003C (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INTERRUPT_UNWIND_ATTEMPTED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。割り込みディスパッチャを介してアンワインドを試行した割り込みサービス ルーチン内でアンワインド操作が開始されたことを示しています。


STOP: 0x0000003D (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INTERRUPT_EXCEPTION_NOT_HANDLED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。割り込みサービス ルーチン内で処理不可能な例外が発生したことを示しています。


STOP: 0x0000003E (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
MULTIPROCESSOR_CONFIGURATION_NOT_SUPPORTED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。多重プロセッサ構成がサポートされていないことを示しています。たとえば、すべてのプロセッサが同一レベルまたは同一タイプではありません。
NTはマルチプロセッサシステム上のCPUがすべて同じではないことを検出した。


STOP: 0x0000003F (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NO_MORE_SYSTEM_PTES

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。システムのページ テーブル エントリ (PTE) がこれ以上存在しないため、ページングされていないエンティティのマッピングが不可能になったことを示しています。
システムページエイントリテーブルの残りがない。これはしばしばドライバがきれいに終了処理していないことを意味する。


STOP: 0x00000040 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
TARGET_MDL_TOO_SMALL

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。バッファをマップするために割り当てられた MDL に、必要なバッファをマップするためのページ フレーム番号 (PFN) を収めるだけのサイズがないことを示しています。ドライバに問題がある可能性もあります。

ドライバはIoBuildPartialMdlを呼び出し、要求されたアドレス全体をマップするのに十分とはいえないMDLをターゲットに渡した。


STOP: 0x00000041 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
MUST_SUCCEED_POOL_EMPTY

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。成功が絶対条件のプールがなくなったことを示しています。
XxxMustSucceedプールエリアに要求を満たすための十分なメモリが無い。
メモリをリークしているドライバを探す必要がある。


STOP: 0x00000042 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
ATDISK_DRIVER_INTERNAL

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ハード ディスク デバイス ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000043 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NO_SUCH_PARTITION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ディスク デバイス ドライバが I/O システムを呼び出して、指定のパーティションのパーティション タイプを変更しようとしましたが、そのパーティションが存在しないことを示しています。


STOP: 0x00000044 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
MULTIPLE_IRP_COMPLETE_REQUESTS

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。おそらくは複数のドライバによって、IRP (I/O 要求パケット) を複数回実行しようとしたことを示しています。
ドライバがすでに処理の終了したIRPでIoCompleteRequestを呼び出した。1つのドライバが同じIRPを2度処理しようとするか、2つのドライバが両方ともIRPを自分のものと考えているかのどちらかである。


STOP: 0x00000045 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INSUFFICIENT_SYSTEM_MAP_REGS

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。アダプタに割り当てられている数よりも多くのマップ レジスタを割り当てようとしたことを示しています。


STOP: 0x00000046 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
DEREF_UNKNOWN_LOGON_SESSION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。既知のログオン セッションの一部ではないトークンが削除されたことを示しています。


STOP: 0x00000047 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
REF_UNKNOWN_LOGON_SESSION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。既知のログオン セッションの一部ではないトークンが作成されたことを示しています。


STOP: 0x00000048 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
CANCEL_STATE_IN_COMPLETED_IRP

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。IRP (I/O 要求パケット) を取り消そうとしましたが、パケットは既に作成済みのため、取り消し可能状態になかったことを示しています。ドライバに問題がある可能性もあります。または、可能性としては低いです
ドライバは、キャンセルルーチンを待つIRPと共にIoCompleteRequestを呼び出した。


STOP: 0x00000049 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PAGE_FAULT_WITH_INTERRUPTS_OFF

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。割り込みが使用不能になっている時にページ フォールトが発生したことを示しています。


STOP: 0x0000004A (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
IRQL_GT_ZERO_AT_SYSTEM_SERVICE

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。0 よりも大きな IRQL を伴うシステム サービスを終了しようとしたことを示しています。


STOP: 0x0000004B (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
STREAMS_INTERNAL_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。Streams 環境または Streams ドライバに内部エラーが発生したことを示しています。


STOP: 0x0000004C (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
FATAL_UNHANDLED_HARD_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ハード エラー ハンドラが利用可能になる前に、重大なハード エラー (STATUS エラー) が発生したことを示しています。このエラーが発生する理由は複数考えられます。レジストリ ハイブ ファイルが破損


STOP: 0x0000004D (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
NO_PAGES_AVAILABLE

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。物理ページがないことを示しています。
システムのフリーページがなくなった。メモリリークしているプロセス、またはドライバを探す必要がある。


STOP: 0x0000004E (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PFN_LIST_CORRUPT

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。メモリ管理ページ ファイル番号 (PFN) 一覧が破損していることを示しています。


STOP: 0x0000004F (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NDIS_INTERNAL_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。NDIS ラッパーまたは NDIS ドライバの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000050
PAGE FAULT IN NOPAGEED AREA

ページングされていないデータ用に予約されたアドレススペース内でページフォールトが発生したことを示している。
クラッシュ時にアクティブなドライバを捜す必要がある。メモリを壊しているドライバが存在しているかもしれない。


STOP: 0x00000051 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
REGISTRY_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。レジストリまたは構成マネージャの問題を示しています。レジストリがそのファイルの 1 つを読み取ろうとしている間に、I/O エラーが発生しました。
レジストリに関して重大な間違いがある。それはI/Oエラー、またはファイルシステムの障害がトリガとなっているかもしれない。


STOP: 0x00000052 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
MAILSLOT_FILE_SYSTEM

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。メールスロット ファイル システムの問題を示しています。


STOP: 0x00000053 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NO_BOOT_DEVICE

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ブート デバイス ドライバの初期化に失敗したことを示しています。


STOP: 0x00000054 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
LM_SERVER_INTERNAL_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。Windows NT サーバーの内部エラーを示しています。


STOP: 0x00000055 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
DATA_COHERENCY_EXCEPTION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。一次および二次データ キャッシュのページ間の矛盾を示しています。


STOP: 0x00000056 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INSTRUCTION_COHERENCY_EXCEPTION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。一次および二次命令キャッシュのページ間の矛盾を示しています。


STOP: 0x00000057 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
XNS_INTERNAL_ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。XNS 内部エラーを示しています。場合によっては、ネットワーク カードを取り替える必要があります。


STOP:0x00000058
FT DISK INTERNAL ERROR

一次および二次データキャッシュのページ間の矛盾を示しています。
ミラーリングされたシステムパーティションのプライマリディスク内の異常が推定されます。


STOP: 0x00000059 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PINBALL_FILE_SYSTEM

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。一次および二次データ キャッシュ間の矛盾を示しています。また、HPFS 問題も示しています。


STOP: 0x0000005A (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CRITICAL_SERVICE_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。LastKnownGood 制御セットの開始時において重要なサービスの初期化に失敗したことを示しています。


STOP: 0x0000005B (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SET_ENV_VAR_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。重要なサービスの初期化に失敗しましたが、LastKnownGood 環境変数を設定できなかったことを示しています。


STOP: 0x0000005C (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
HAL_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。HAL (Hardware Abstraction Layer) の第 0 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生


STOP: 0x0000005D (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
HEAP_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ヒープの第 0 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x0000005E (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
OBJECT_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。オブジェクト マネージャの第 0 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x0000005F (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SECURITY_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。セキュリティの第 0 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000060 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PROCESS_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。プロセスの第 0 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000061 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
HAL1_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。HAL (Hardware Abstraction Layer) の第 1 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000062 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
OBJECT1_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。オブジェクト マネージャの第 1 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000063 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SECURITY1_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。セキュリティの第 1 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000064 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SYMBOLIC_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。シンボリック リンクの初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000065 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
MEMORY1_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。メモリの第 1 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000066 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CACHE_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。キャッシュの初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000067 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
CONFIG_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。レジストリがレジストリ ファイルの内包に必要なプールを割り当てることができなかったため、構成の初期化に失敗しました。
コンフィグレーションマネージャーはレジストリのために十分なページドプールを得ることができなかった。


STOP: 0x00000068 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
FILE_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ファイル システムの初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000069 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
IO1_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。I/O の第 1 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x0000006A (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
LPC_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ローカル プロシージャ コール (LPC) の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x0000006B (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PROCESS1_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。プロセスの第 1 段階の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x0000006D (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SESSION1_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。セッション マネージャの初期化の間に、セッション マネージャ仮想メモリ割り当てパラメータに失敗しました。
システムコンポーネントの初期化中障害


STOP: 0x0000006E (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SESSION2_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。セッション マネージャの仮想メモリ環境の初期化に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します
システムコンポーネントの初期化中障害


STOP: 0x0000006F (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SESSION3_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。セッション マネージャのプロセス作成に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。
システムコンポーネントの初期化中障害


STOP: 0x00000070 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SESSION4_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。セッション マネージャの初期化の間に、レジューム スレッド操作に失敗しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000071 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SESSION5_INITIALIZATION_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。Windows NT Executive の第 1 段階の初期化の間に、セッション マネージャが終了しました。このエラーは、Windows NT スタートアップの第 4 段階において、Windows NT Executive を初期化する期間が比較的短い場合に限って発生します。


STOP: 0x00000072 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
ASSIGN_DRIVE_LETTERS_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。ドライブ文字の割り当てに失敗したことを示しています。


STOP: 0x00000073 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
CONFIG_LIST_FAILED

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。システム構成リンク一覧に障害が起きていることを示しています。コア システム ハイブの 1 つが破損または読み取り不可能です。または、重要なレジストリ キーと値がいくつか存在していません。
コアシステムレジストリ(SOFTWARE,SECURITY,またはSAM)のうち1つが読めないか、壊れている。


STOP: 0x00000074 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。システム構成情報が破損していることを示しています。


STOP: 0x00000075 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
CANNOT_WRITE_CONFIGURATION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。システム構成情報への書き込みが実行できないことを示しています。レジストリの初期化と第 1 段階の初期化の間に、追加データを書き込めるようシステム ハイブ ファイルを展開できません。
SYSTEM項目ファイルのサイズを増やすための空きがディスクに無い


STOP: 0x00000076 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
PROCESS_HAS_LOCKED_PAGES

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。I/O に対してページをロックしてプロセスが終了したことを示しています。
ドライバはI/Oオペレーション終了時に、ロックしたページをいくつか解放しなかった。


STOP: 0x00000077 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
KERNEL STACK INPAGE ERROR

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。カーネル スタック ページング操作の間の I/O エラーを示しています。要求されたカーネル データのページを読み取ることができませんでした。このエラーは、ページング ファイルの不良ブロック、またはディススクコントローラのエラーが原因で発生します。


STOP: 0x00000078 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
PHASE0_EXCEPTION

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。Windows NT Executive の第 0 段階において例外が発生したことを示しています。


STOP: 0x00000079 (<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)
MISMATCHED HAL

カーネルとHAL(Hardware Abstraction Layer)のイメージが一致しません。


STOP: 0x0000007A (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
KERNEL DATA INPAGE ERROR

カーネルモードのデータのページは、ページングファイルの不良ブロック、またはディスクコントローラのエラーのために読めなかった。


STOP: 0x0000007B (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE

I/Oシステムの初期化の間に、ブートデバイスのドライバがシステムの開始地点となるデバイスの初期化に失敗しました。またブートデバイス上のデータを認識できなかったため、ファイルシステムが初期化に失敗した可能性もあります。このエラーが初期システムセットアップ中に発生した場合は、システムサポートされていないディスクまたはSCSIコントローラ上にインストールされている可能性があります。これ以外にも、新しいアダプタまたはディスクコントローラをインストールした場合や新しいシステムパーティションにより再パーティションされた場合に、このエラーが発生することがあります。
このメッセージは、WindowsNT起動時のSCSIドライバ実行時発生するメッセージです。 SCSIドライバが実行されると初期化動作を行いますが、この動作が正常終了しなかったことを示しています。


STOP: 0x0000007D (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
INSTALL_MORE_MEMORY

これは Windows NT Executive の文字モード STOP メッセージです。Windows NT を起動するには、最低 5 メガバイトのメモリが必要です。
システムを起動するための、利用可能なメモリが十分でない。


STOP: 0x0000007F (parameter1,parameter2,parameter3,parameter4)
UNEXPECTED KERNEL MODE TRAP

カーネルモードでトラップが発生したことを示しています。
これは、インテルプラットフォーム上で、CPUがカーネルモードで扱うことができないトラップが発生したことを意味する。

STOP: 0x00000080 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
NMI_HARDWARE_FAILURE


STOP: 0x00000081 (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
SPIN_LOCK_INIT_FAILURE

スピンロックの誤用


STOP: 0x0000009c (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
MACHINE_CHECK_EXCEPTION

STOPコードの0x0000009cは、MACHINE_CHECK_EXCEPTIONであり、プロセッサがハードウェアエラーを検出し、OSへエラー報告がされたことを表します。

STOP: 0x0000009F DRIVER_POWER_STATE_FAILURE


この問題は、ドライバが電源状態遷移の要求を正しく処理しない場合に発生します。このエラー メッセージは、通常、次のいずれかの操作の実行中に表示されます。
シャットダウン スタンバイ モードへの移行またはスタンバイ モードからの復帰 休止モードへの移行または休止モードからの復帰
上記のエラー メッセージが表示されないようにするには、問題のあるドライバを更新または削除します

STOP: 0x000000A5 ( パラメータ 1, パラメータ 2, パラメータ 3, パラメータ 4)
The ACPI Bios in this system is not fully compliant to the specification. Please read the readme.txt for
possible workarounds, or contact your system vendor for an updated bios.


この現象は、コンピュータの BIOS が ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) に完全に準拠していないことがWindows 2000 以降のバージョンによって検出された場合に発生する可能性があります。

STOP: 0x000000B4 The video driver failed to initialize

【現象】 Windows 2000 のインストール後にコンピュータを起動すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。 Stop 0x000000B4 The video driver failed to initialize メッセージの意味は「ビデオ ドライバーを初期化できませんでした」です。 【原因】 これは、パラレル ポート I/O アドレスが 03BC に設定されていると、パラレル ポートとビデオ カードが競合するためです。 【解決方法】 この問題を解決するには、次のいずれかの方法で、パラレル ポート I/O アドレスを 03BC から 0378 に変更します。 1.コンピュータを起動し、Windows の起動画面で F8 キーを押します。 2.[セーフ モード] を選択し、Enter キーを押します。 3.プロンプトが表示されたら、ローカルの管理者アカウントを使ってコンピュータにログオンします。 4.[スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。 5.次に、[システム] をダブルクリックします。 6.[ハードウェア] タブをクリックし、[デバイス マネージャ] をクリックします。 7.[ポート] の隣りの正符号 (+) をクリックし、ポートの一覧を表示します。 8.[プリンタ ポート (LPT1)] をクリックし、[操作] メニューの [プロパティ] をクリックします。 9.[リソース] タブをクリックし、[自動設定] チェック ボックスをオフにします。 10.[設定の登録名] ボックスの一覧で、03BC の代わりに 0378 を I/O アドレスとして使用する設定をクリックします。 11.[OK] をクリックし、[デバイス マネージャ] を閉じます。

STOP: 0x000000BE ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY

ドライバが不良であるか、破損しているか、または正しく機能していません。

STOP: 0x000000C2 (parameter,parameter,parameter,parameter) BAD_POOL_CALLER

STOP: 0X000000C5(<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>)  DRIVER_CORRUPTED_EXPOOL

このエラーは、プロセスの内部リクエスト レベル (IRQL) が高すぎる状態で無効なメモリにアクセスしようとしたことを示します。このエラーは通常、システム プールを破壊したドライバにより引き起こされます。

STOP: 0x000000ED (<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)  Unmountable_Boot_Volume

IDE (integrated device electronics) ドライブで NTFS ファイル システムを使用しているボリュームのキャッシュが有効に なっている場合、起動中に次のエラー メッセージが表示されることがあります。 この問題を解決するには、Windows XP の最新の Service Pack を入手します。


STOP: 0X000000DE(<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>)
A driver has corrupted the memory management system PTEs

何らかのドライバ及びハードウェアの要因によりプール領域が破壊された

STOP: 0X000000CE(<parameter1>, <parameter2>, <parameter3>, <parameter4>) DRIVER_UNLOADED_WITHOUT_CANCELLING_PENDING_OPERATIONS This driver may be at fault :<

このエラーはドライバソフトが終了する前に、保留されていた操作を取り消すことに失敗したことを示す。

STOP: 0X000000D1(<parameter>, <parameter>, <parameter>, <parameter>) DRIVER IRQL LESS OR EQUAL

サービスパックをあててみましょう。

STOP: c0000135 {Unable to Locate DLL}
The dynamic link library < ファイル名 > could not be found in the specified path Default Load Path."

< ファイル名 >.dll が、 %SystemRoot%\system32 ディレクトリにない。ソフトウエア ハイブが壊れていて、 < ファイル名 >.dll をロードできない。

Windows NT Server が動作しているコンピュータで、以下の STOP エラー メッセージが表示されます。
STOP: 0xc0000218 (0xe11a30e8, 0x00000000, 0x000000000,0x00000000) UNKNOWN_HARD_ERROR

Stop 0xc0000218 は、必要なレジストリ hive ファイルがロードできなかったことを意味します。このエラーの原因として明らかになっているのは、そのファイ
ルが壊れていたり損失している場合です。

STOP: 0xc000021a {FATAL SYSTEM ERROR}

stop 0xc000021a は、ユーザー モードのプロセスによって、致命的なエラーが引き起こされたために、Windows NT が処理を継続できなくなった事を意味します。
元の作業に戻してみましょう

STOP: 0xc000021a {Unknown Hard Error}

どうゆう条件で発生するメッセージなのか不明。
ただし、下記事例より考えると、OSのインストールされたHDD(アレイ)周辺を疑うべきと考えられる。

STOP: 0xc0000221 {Bad Image Checksum}

原因
ページファイルが壊れていること、またはメモリが不正あるいは不整合であることがこのエラーの原因である可能性があります。
解決方法
1.システムを元の RAM 構成に戻します。
FAT パーティションがある場合、DOS をブートし、Pagefile.sys を削除します。
NTFS パーティションがある場合には、システム管理者としてログオンし直します。
2.[スタート] - [設定] - [コントロール パネル] をクリックし、[システム] アイコンをダブルクリックします。
3.[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスから [パフォーマンス] タブをクリックし、[仮想メモリの変更] セクションをクリックします。
4.[仮想メモリ] ダイアログ ボックスからページファイルがある個々のドライブを選択し、ページファイルの [初期サイズ] および [最大サイズ] を 0 に設定します。
ここではシステムを再起動しないでください。
5.ページファイルがあるドライブ上で、CHKDSK C: /F /R を実行します。
複数のページファイルがある場合には、最初に非システム パーティションで CHKDSK を実行してください。なぜならば、システム パーティションで CHKDSK を実行するには、再起動が必要になるからです。
6.システムを再起動します。
7.追加する RAM の量に最適となるようにページファイルを設定します。
詳細については、米国 Microsoft Corporation から提供されている、以下の Knowledge Base をご覧ください。
    ARTICLE-ID: Q99768
    TITLE     : Optimizing Your Paging File (PAGEFILE.SYS)
8.システムをシャットダウンして RAM を追加します。
追加する RAM は、ハードウェア (これも追加される) の仕様に従う必要があります。
RAM のスピードおよび種類はすべて同じである必要があります。(すなわち、EDO と non-EDO )。
RAM を再追加した後にも同じエラー メッセージが表示される場合には、ハードウェアに欠陥がある可能性があり、ハードウェア ベンダーに問い合わせる必要があります。

STOP: 0xC000026C Unable to load device driver

Windows NT をインストールする際、Windows NT をハード ディスクから起動した場合、または修復処理中に 3 枚のセットアップ フロッピー ディスクから Windows NT を起動した場合に表示。以下の条件で発生
ハードディスクに破損したデバイス ドライバ ファイルが存在する。
3 枚のセットアップ フロッピー ディスクのいずれかに破損したデバイス ドライバ ファイルが存在する。

修復
フロッピー ディスク
Windows NT より WINNT32 /OX コマンド、または MS-DOS より WINNT /OX コマンドを使って、Windows NT セットアップ フロッピー ディスクの新しいセットを作成します。Winnt32.exe および Winnt.exe ファイルは、Windows NT 4.0 CD-ROM の I386 フォルダにあります。

ハード ディスク
Microsoft Knowledge Base の以下の資料の手順に従い、システム修復ディスクを使って、NTFS パーティション上の、存在しない、または破損しているドライバ ファイルを置き換えます。