soba

青少年科学館のフライトシミュレーター


久留米の 青少年科学館にて「あそぼう!夢ののりもの展」が開催され、「手作り」飛行機模型が 多数展示されているという報道に接したので、暖かい南風の吹いた日に偵察にでかけた。
青少年科学館

残念なことに展示されていたのはプラモデルであったが、なかなかの出来映えのものや珍しい 機体もった。
模型 模型
模型 模型

出かける前のホームページチェックにより、当科学館に「フライトシミュレーター」があることは 知っていたのだけど、実演時間が決められているとのことだったので最初から諦めていたのだが、 駄目もとで受付の 美女に尋ねたところ、「今日はお客さんが少ないので乗れます」とのこと。
早速 搭乗券!をもらって2Fのフライトシミュレーターへ! 外形はあまりカッコイイとは言えないが、どうもオスプレイをイメージしたもののようだ。装置下部には 4軸?のアクチュエーターが見える。これだけでも本格的だ。三菱重工業製らしい。
シミュレーター

インストラクターはこれまた愛くるしい妙齢の女性。「初級・中級、筑後遊覧・福岡縦断ありますが」 と聞かれ、いきなり墜落も恥ずかしいので見栄は捨てて「初級・福岡お願いします!!」 逸る心を抑えて搭乗。機内はTDLのアトラクションの乗り物に似てる。
コクピット コクピット

ガイダンスに従ってエンジンスタート、スロットルをMAXに、おっと、垂直離陸だ!オスプレイだったな・・・ 高度はメートル表示だ。 いきなり和白上空、西に向いている。
ここで操縦を任せられる。「左旋回せよ」ラダーを踏み込みつつ操縦桿を左に・・・・と、高度が下がる。 パワーはMAX、バックプレッシャーをかける、高度が戻らない、・・・やっと回復してきた 「機首を下げてください!」ストールウォーニングか・・・・福岡空港上空を通り過ぎてしまう。
「燃料が残り少ないので着陸してください」・・・もう?では右スティープターンで・・・ありゃ、反応しない、ガガガガ、 あれ、いきなりファイナルにいる。ここから着陸せよとのことか。
アラインしようとするが、どうも右にずれている。ラダーで修正しようとするがなかなか戻らない。パワーはこのまま でいいのかなぁ・・・滑走路が近づく、フレア・・・タッチダウン・・・・速度が下がる・・・ お、右に曲がる・・・・ラダーは着陸後方向維持に使うのかな?気が付いたけど間に合わない。 滑走路の右端で止まる。でも「無事着陸」だそうで・・・「初級」だもんな・・・
平日の午後ということで体験できたけど、土日はチャンスを得るのは至難の技だそうだ。 尚、「中級」だとコンピューターのアシストが減るのでかなり難しいとのことだ。

皆さんも是非平日を狙って訪れてみるとよいかも。



雑記帖トップへ戻る

トップへ戻る